トップページ 三味線教室目次 三味線教室案内 三味線教室豆知識 三味線教室演奏と唄 三味線教室生徒 三味線教室掲示

三味線教室MOYUの部屋へのメール豆知識 三味線教室藤本流MOYUの部屋三味線教室MOYUの部屋の管理人



三味線教室 三味線山形屋さん豆知識へ

三味線教室  津軽三味線展示へ




三味線教室本気で読んでくれる人はどうぞ〜

藤本音楽学院の三味線教室へお稽古に通う
東京下町の猫好きのMOYUです
各お三味線教室から美しい音色が聞こえて来ます。
お稽古に行くのが楽しみです〜
各講師のお師匠さん達との休憩中の雑談の中に
上手になるアドバイス!などもあり、待ち時間も貴重な
お三味線のお稽古の一時になつています。
民謡だけでなく、歌謡曲、童謡、端唄、
一人でも音楽を楽しめる楽器
私は一人の練習も好きです
悩みや時間も忘れ夢中になれます


三味線教室民謡・端唄・俗曲・の日本の唄の他
三味線で演奏出来る音楽は
歌謡曲・童謡・唱歌・その他
五線譜の音楽は!と言っても
譜面は読めなくても出来ます。
それが三味線音楽の良いところ何ですね。
音楽好きなら誰でも出来ます。
何でも自分の知ってる曲から試してみて〜
今流れている曲も〜

三味線屋さんのお話 三味線屋山形屋さん引用 豆知識
三味線の材料は花林、紫丹、紅木(こうき)などの唐木を使用
荒木を三つに切断してそれぞれ継手を作ります 山形屋作品
細三味線(一般長唄・端唄・民謡))


三味線教室MOYUの部屋三味線   
三味線教室MOYUの部屋三味線屋さんの傑作

三味線教室MOYUの部屋お道具   三味線教室MOYUの部屋お道具


三味線教室 三味線教室 三味線教室
伝えたい事リンク 三味線つくりリンク 遠藤隆夫リンク
4代目指導 三っに別れています 長唄杵屋腕前をご披露

三味線教室津軽三味線展示へとぶ



何よりも優れている物を仕上げるのはもちろんですが、材質によって出来上がりが違い、
音色にも影響が出るのでお客様の求めている音が出来るかどうか
それぞれの三味線の種類によって違うのでお客様に喜んでもらう音作りのため
浅く広く各種の音が理解できるように習った。すべての音作りが分かり
稽古用から高級品まで気に入ってもらえるものを作れるようになるまで四十年位かかったと思う。


由来、歴史、特徴
中国(明)の三絃であると考えられ、琉球(沖縄)に伝わり日本本土へは
室町末期(十六世紀後半)に琉球の蛇皮線や三線(サンシン)が生まれまれ
当時の貿易港堺にもたらされた。

当初は音楽を専業とした盲人(琵琶法師)の扱うところであったが
16世紀後半に琵琶法師たちの手によって、
現在のような形になったと言い伝えられています。

伝来後間もなく民間にも急速に普及し、芸術音楽・民族音楽を問わず
日本の音楽として代表的地位を占めてきた。

琵琶法師たちは三絃をびわのように構えたり持ちなれたばちでひいたりする為に、
江戸時代を通じて色々な改造を行なった。

江戸時代に入ると歌舞伎音楽の発達と共に、江戸の町を中心として
一種の文化が発達し三味線音楽も盛んになり、
三味線自体も江戸風の独特なもの(細掉の発達)に改良され、「粋さ」が強調された。
この独特さが現在まで伝承され、東京三味線と呼ばれている。

音調の高低はギターなどと同様に糸の張り具合と駒で変えていく。

三味線音楽は大きく分類すると「唄いもの(地唄、長唄、荻江節、小唄など)」
と「語りもの(義太夫節、一中節、豊後節、大薩摩節、常磐津節など)」
に分けられますが頻繁に民謡や浪曲にも用いられる。

棹の太さは細棹、中棹、太棹と三種類あり、
流派によってもそれぞれ異なる特性があるといえよう!


墨田区両国4-35-1-305
昭和 6年 墨田区生まれ
昭和22年 父 歳男氏及び職人衆に指導を受け製作に取り組む
平成 3年 手工芸技術で墨田区より表彰を受ける
平成 8年 東京都知事より優秀技能賞
平成12年 墨田区より無形文化財に認定




両国駅前山形屋 遠藤さんのお話から
三味線山形屋さんのお許しを得て掲載しておりますので、無断で転載を禁じます。





三味線教室津軽三味線


三味線教室MOYUの部屋津軽三味線





一年に数回は、三味線発表会など、弾く機会も有ります
そのときは大勢で集まりますが、
目的を持っている仲間との、合同練習や、
新年会なども、楽しみの一つです。
自由で気楽に自分の都合で、
三味線をお稽古が出来るのが、何よりかな。
何も楽器の出きないと思い込んでいる方、
あきらめないで!今からやろうよ♪
難しい事なんか抜きにして、理屈なんか抜きにして、
単純に音が出ればいいのよ♪
邦楽だの、洋楽だの、関係なくすべてが音楽♪
どんな物でも音楽が好き、と言うだけでいいのよね。
気軽なきもち、やじうま気分から始まる。
民謡から歌謡曲まで、きっと新しい自分に会えるから、
それが自分の自信につながれば、とおもいます。
なんでも出来そうな気がしませんか
三味線教室発表の場も楽しい


 
三味線教は理屈じゃないからネ!三味線教室豆知識
           

三味線教室目次 三味線教室案内 三味線教室豆知識 三味線教室演奏と唄 三味線教室生徒 三味線教室掲示板